東急田園都市線 宮崎台駅北口目の前 WEBからのお問い合せ
MENU

更年期障害の頭痛

2021年6月25日

こんにちは。鍼灸マッサージえにしです。

今回は、更年期障害の頭痛についてお伝えします。
更年期障害というのは閉経の10年前後に、急激な女性ホルモンの低下により起こります。
ホルモンが低下すると、脳が足りない、もっと出さないとと信号を送ることで
自律神経が乱れるというメカニズムです。

中でも更年期障害の頭痛が起きる方に共有していることがあります!

当てはまるかチェックしてみてください。

・頭がカチカチ

・首肩こりがひどい

・呼吸が浅くて早い

・背中が硬い

・猫背

・下半身が冷えている

・筋肉が少ない

 

さてここで質問です。
頭痛がある時どうしますか?

・薬を飲む?

・ちょっと横になる?

・寝る?

・我慢する?

1番お勧めしないのは薬を飲むことです。
薬を飲んでもホルモンバランスを整えることにはならず、根本的解決にはなりません。
薬によって頭痛を抑えてしまうと、どんどん頭痛が強く増してしまいます。
常に頭痛が出やすい身体になってしまうので注意が必要です。
薬を飲むのは最終手段にしましょう。
痛くてどうしようもなく我慢できないような時には飲むようにしてください。

では、どうするのがいいのか。

鍼灸治療を受けること

鍼灸治療は自律神経(ホルモンバランス)を整えるのに効果があり最適です。
また、頭痛だけではなく総合的に身体の調整ができます。
下半身の冷えや首肩こり、腰痛などにもアプローチができます。

自宅でお灸をすること

身体を温めましょう。家で簡単にできます。
お灸をして上に昇っている熱を下に下げてあげましょう。

オススメのツボは2つ!

・太渓(たいけい)

・湧泉(ゆうせん)

お灸の正しいやり方はこちらの動画を参考にしてください。

 

東洋医学はバランスを整える治療法です。
副作用もありません。

当院では更年期障害の治療に力を入れています!
我慢したり薬に依存する必要はありませんので、更年期障害にお悩みの方は鍼灸治療を取り入れましょう!

こちらの動画で詳しく解説しています。

 

★えにしチャンネル★
https://www.youtube.com/channel/UCZ0qcPV48cnIh8ZXQ0s_IQw
東洋医学の価値、鍼灸治療の素晴らしさをわかりやすくお伝えします。
日常で簡単にできるセルフケアを紹介しています。

*LINEの友達追加でお得な情報を配信!
 トークで個別のやり取りや予約も可能です!

友だち追加

—————————————————
★☆東急田園都市線宮崎台駅出て目の前☆★

○鍼灸マッサージ えにし○

〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-8-51 花林本館5F
<完全予約制>
TEL:044-789-5300
—————————————————